ペットフードなら【カナガン】|小型犬の健康に最適のドッグフード

MENU
獣医師が推薦するペットフード「カナガン」。
食べやすい・食いつきがよい・安心(安全)の総合栄養食
まずは“お試し”から!
▼▼▼▼



愛犬の健康のために、ペットフードはカナガンを選びました

 

ペットフードにカナガンを選ぶ理由

 

ペットフードって本当にたくさんの種類がありますよね。みなさん何を理由に選んでいるんでしょうか?CMで有名だから?店頭でよく見かけるから?値段が安いから?愛犬の健康を第一に考えたとき、「このペットフードで本当に大丈夫かな?」と不安に感じる飼い主さんも多いと思います。私もその一人でした。有名なペットフードが本当に愛犬の体にとって良いのだろうか?愛犬にはいつまでも元気で長生きしてほしい。そんな思いからペットフードについて調べた結果、「カナガン」に落ち着いたのです。

 

カナガンはイギリスのペットフードです。最初にイギリスと聞いたとき、実は購入するつもりはなかったんです。私は日本人ですし愛犬も日本で暮らしていますから、国産でないことに良い印象を持てなかったんですね。でもカナガンのホームページをじっくりと読んで、そんな気持ちもさっぱり消え去りました。

 

 

カナガンは穀物を使用していない

 

カナガンが他のペットフードと大きく違うのは、穀物を使用していない点です。グレインフリーというそうです。犬は本来肉食動物なので、とうもろこしのような穀物を消化することがほとんどできないんだとか。ところが穀物は安価なため、ドッグフードにはよく使われています。ペットも家族の一部といわれるようになって、手間やお金をたくさんかける飼い主が昔に比べ増えました。それでもまだ、ペットに与える食べ物に知識を持っている人は多くありません。コストダウンした買い求めやすいペットフードはやはりよく売れるため、多くのフードに穀物が使われているんです。犬が消化できないということは、栄養にならないものがたくさん入っているということになります。消化器官に負担をかけながら、穀物入りのペットフードを与える。愛犬がかわいそうですよね。そう思ったら、グレインフリーであるカナガンしかない!という結論に至ったのです。

 

カナガンは穀物が入っていない代わりに、たくさんのお肉で作られています。お肉の他にも野菜や海草、ハーブなんかも入っています。何が使われていて、どんな成分がどれくらいなのかという情報は、すべて細かく表示されているんです。愛犬が何をどれだけ口にするのか、飼い主である私たちはすべて知ることができるんですね。カナガンは正規代理店からしか購入できません。インターネットや電話、FAXを使って注文し、自宅まで届けてもらいます。通信販売にすることで、工場で作られたものを直接飼い主の手に届けることができるんですね。製造者と飼い主の繋がりをカナガンは大切にしているらしいです。ここまで誠実で信頼のおけるペットフードも珍しいんじゃないでしょうか。この安心感もカナガンを選んだ理由です。

 

 

まとめ

犬を飼い始めたときは、テレビや雑誌でよく見るペットフードが安全なんだと思い込んでいました。実際にいくつか与えてきましたし、幸い愛犬にも通院が必要な大きなトラブルはなかったと思います。でも今カナガンを与えていて、愛犬の元気で毛並みがツヤツヤした姿に「変えて良かったなぁ」と実感しています。カナガンに変えてからおやつもほとんどあげてません。毎日愛犬が生き生きとしていて、私も幸せです。愛犬にはいつまでも健康で長生きしてほしいですよね。もしペットフードに悩んでいたら、私はカナガンをおすすめします。

 

⇒ イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』の詳細はコチラ